有福温泉 よしだや

有福温泉に行ってきました。
泊まったのは、自家源泉を持つよしだやさん。
お正月だったので、料金は少々割高になっちゃいました。

玄関を潜ると、明るいロビーには大きな炬燵がでんと待ち構えています。
そちらで寛ぎながら宿帳をカキカキ。
ほっと一息ついたところで、お部屋にご案内していただきました。
通されたのは、少し古びた、でも風情のあるお部屋でした。窓からは薬師堂が見えます。
部屋にもこたつが。嬉しいです。
トイレなしのお部屋にしたのですが、洗面台はついていました。

お宿

少し外を歩いてみました。
ここ有福は、雑誌で写真を見て以来、ずっと気になっていた温泉地。
狭い場所に、ひっそりと寄り添うように並び建つ家々。
細い石段が縫うように走る鄙びた温泉街は、どこかレトロで心が休まります。
そう言えば、真冬だというのにセーター1枚でもそんなに冷えませんでした。温泉のせいでしょうか?

お宿

宿のすぐ下には、有名な外湯の御前湯が。
レトロな外観。しかも、しっかりと生活臭があります。
使い込まれ、愛されているという空気が感じられました。

お宿 お宿

外湯は他に、やよい湯、さつき湯があります。
心惹かれるものはありましたが、噂のよしだや特上の湯が待っているので、入るのは止めておきました。

お宿

よしだやのお風呂は、シンプルな内湯がひとつだけ。
けれど、温泉は加温、加水なしの源泉かけ流しです。
アルカリ性なので、肌あたりがまろやか。
温度もぬるめで、いつまでもつかっていられそうに心地よい温泉です。
でも、思ったより温まるので、程ほどにしておいた方がよさそう。
美肌の湯とのことですが、つるつる度だけで言うなら、この近くでは美又の方が上かもしれません。
でも肌触りはこちらの方が優しい気がしました。

お宿

夕食はこんな感じ。
全て上品な味付けで、美味しかったです。海の幸は特に。
ハマチのお造りや、鯛の焼き物、はまぐりのお吸い物に、なまことかずのこの酢の物などなどご馳走です。
山芋の陶板焼きが、後を引く美味しさでした。
献立に揚げ物が一切なかったことが珍しく感じました。
優しい味わいの品ばかりで、嬉しかったです。

朝食は、湯豆腐に、うまき卵、海苔のお雑煮、焼き鮭など。
食後の、温泉で淹れたコーヒーがまた味わい深かったです。
新年早々、しっかりと寛がせていただきました。

(2004年1月)

有福温泉 よしだや

住所 島根県江津市有福温泉町
宿泊 1泊2食:8800円〜
日帰り 大人500円 子供300円 会席プラン3800円〜 要予約
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温/湧出量 42.2℃
PH他
宿泊情報
(外部リンク)
じゃらん  るるぶトラベル

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり