垂玉温泉 山口旅館

「五足の靴」でも有名な、垂玉温泉山口旅館。
山懐に抱かれて、静かに佇むお宿です。日本秘湯を守る会会員の宿でもあります。
着いてすぐ、宿の方のぬくもりある笑顔に迎えられて旅の疲れが半減。
こちらは、電話予約の段階から対応が丁寧で好印象でした。

通されたのは、旧館の蘇峰というお部屋。
部屋に洗面台やトイレこそついていませんが、昔はかなり上等なお部屋だったのではないでしょうか。 二方に縁側があり、そこからの眺めがまた格別。
鏡台や衝立もレトロな空気を醸し出しています。宿の歴史を感じました。

一息入れてから、温泉へ。
山口旅館には、大浴場の天の湯、桶風呂のある茅葺屋根のかじかの湯、それと混浴露天風呂の滝の湯があります。
どれも、源泉かけ流しとのこと。
また、宿泊者には、近隣の「地獄谷温泉清風荘」と「国民宿舎南阿蘇」の入浴券も貰えて、はしごが可能だそうです。

まずは、大浴場に行ってみました。
古びた木の持つほの暗さと、大きな窓ガラスの向こう、迫るような緑と風情ある建物が融和して、なんとも趣ある空間です。
また、湯船になみなみと湛えられたやわらかなお湯は、眺めるだけでも心ときめくものがありました。
この大浴場とかじかの湯のひとつは、直接通路で繋がっています。
丁度、つながっているのが女湯だったので、行ってみました。
こちらもいい雰囲気。桶風呂が気持ちよくて、すっかり気に入ってしまいました。
あ。かじかの湯は、男湯と女湯が日替わりなので、つながっているのが男湯になる場合は通路の扉に鍵がかかっています。

宿

夕食は、個室に用意されていました。
適度な広さのお部屋は、雰囲気もよく居心地がいいです。
上の写真は、お料理の一部。
いちごのワインに、たけのこご飯、山女魚の塩焼き等。 運ばれてくるお料理は、目にも舌にもご馳走です。
温かいものは温かい内に、冷たいものはよく冷えています。 天ぷらに抹茶塩というのも渋い。
品よく盛られたひとつひとつが美味しかったです。大満足です。

宿

混浴露天風呂の滝の湯。
普段なら、落ち着いて湯を楽しめない混浴は避けている私ですが、 こちらの宿では、女性用に湯浴み着を用意してくれます。 厚地で紺色のワンピースのようなタイプです。
折角なので行くことにしました。
行ってよかったです。貸切り状態でした。

見上げれば藤の花。その向こうには白く浮かんだお月さま。
聞こえるのは流れ落ちる湯滝の音のみ。
風情あるひとときを過ごせました。
藤の脇にあるのは、楓でしょうか。 紅葉もまた美しいのでしょうね。(写真が悪くて残念)

宿

朝食も、夕食と同じ個室でいただきました。
「和食にコーンスープ?」
なんて思ったのですが、これが美味。
お変わりが欲しいくらいでした。
さりげなく添えられたレモン水も、すっきりと美味しかったです。

ここには、歴史ある宿にありがちな居丈高さがまるでありませんでした。
スタッフひとりひとりの対応が、最後の最後までやわらかかったです。
お湯も勿論いいのですが、そういう意味でも好感度が高いです。
是非とも再訪したいお宿であります。

(2002年4月)

垂玉温泉 山口旅館

住所 熊本県阿蘇郡長陽村河陽
宿泊 1泊2食:11550円〜
日帰り 600円〜
泉質 単純硫黄泉(硫化水素泉)
泉温/湧出量 50.2℃
PH他
詳細 じゃらん> るるぶトラベル

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり