斐乃上温泉かたくりの宿 民宿たなべ

斐乃上温泉 かたくりの宿。
薄く積もった雪の中、ぽつんと建っていました。
建物はまだ新しいのですが、雰囲気に統一感があって、周囲の風景によく馴染んでいます。

チェックインが済むと、2階へと案内されました。
吹き抜けになっているので、階段を上がると部屋の前の廊下から、ロビーが見下ろせます。
上から見る囲炉裏に、心がほこりと温もりました。

通されたのは、2階の中ほどのお部屋でした。洗面所とトイレはついていません。
部屋には長方形の炬燵がでんとあって、なんだか和みます。
篭にみかんでも盛ってあれば、まるで自分の家みたい。
使っている炬燵布団が、またふっかふかで気持ちよかったです。
室内も清潔だし、すごく寛げました。
お布団は自分で上げ下げしなくちゃいけないのだけれど、 その方が気を使わなくてすむので私的にはOKです。
ただ、部屋の鍵は中からしかかけられないし、金庫もないので、貴重品の扱いに困りました。
お風呂場にもロッカーの類はなく、籠のみ。入浴時は、フロントに預けるのが基本のようです。
あと、バスタオルもないので、必要なら持参で。

お宿

さて、温泉です。なんといってもお湯が素晴らしいです!
アルカリ性のつるつる美肌の湯。 とってもまろやかで、全身浸かった時には、はふ〜と息が洩れました。
沸かし湯なのにかけ流しという贅沢さ。いいのでしょうか。
ぬる目なので、一度入るとなかなか出られません。
でも、湯だけじゃなくて、景色もいいのでいつまでだって浸かっていられそう。
うっすらと積もった雪を眺めながらの入浴。至福のひとときです。
そう広いお風呂ではないので、混んでいたら辛いでしょうが、 時間が早かったせいか幸い貸切り状態でした。
露天にも入ってみましたが、やっぱり内湯に戻りました。
なんでしょう、この内湯、落ち着きます。 肌あたりが気持ちいい大き目のタイルのせいでしょうか。

日帰り入浴も出来るとのことですが。
カランがたった2つのこじんまりした浴室です。 住所に登山口とあるくらいですから、時期を考えた方が良さそう。
また、露天風呂はやっている日とない日があるそうです。

お宿

満室だと思ったのに、夕食用に別室が用意されていてびっくり。
そんなに大きな宿ではありません。 全てのお客さんが個室でお食事というわけにはいかないようですが、 それでも、お客さん間の寛げる距離の取り方をよく考えているなあと思いました。
小さいながらの工夫だなあ。

お宿

お料理は、派手さはないものの、家庭的でひとつひとつが美味しかったです。
天ぷらは揚げたてアツアツを。お蕎麦もしっかりしています。
お煮しめは、宿からのサービス。
「お味見程度ですが」
と持ってきて下さったのですが、これがまた上品な薄味で美味!

お宿

ご飯とデザートで締め。
お正月なので、日本酒も一杯いただきました。
食事は、味も大事ですが、何より食す雰囲気作りが大切だなんて考えちゃいました。
年始ですごく忙しいだろうに、どのスタッフの対応にも温もりが感じられて、 それが尚、お料理の味を引き立てているのだと思いました。

部屋には炬燵の他に暖房器具はなかったと思うのですが、 明け方になっても部屋は暖かでした。山のただ中で、外は雪なのに。
1階の囲炉裏のおかげでしょうか??

お宿

朝食は、その囲炉裏の前で。
窓を大きくとってあるので、明るいです。
雪化粧をした山々を眺めながらのお食事となりました。

お宿 お宿

朝ご飯。お雑煮付き。
三つ葉と海苔のシンプルなものでしたが、大きなお餅が2個も入っていました。
このお餅の美味しいこと!ごちそうさまでした。

帰り際には、おみやげが。
ペットボトルに入った天然水です。これは嬉しい!

お宿

宿を出て。
駐車場から宿を見上げてみました。
名残惜しかったです。
ここには、是非とももう一度来たいです。
宿の名前にもなっているかたくりの花は、4月下旬から5月上旬が見頃とのこと。
その時期を狙おうかな。

(2004年1月)

斐乃上温泉かたくりの宿 民宿たなべ

住所 島根県仁多郡横田町船通山登山口
宿泊 1泊2食:9200円〜
日帰り 500円
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温/湧出量
PH他
宿泊情報
(外部リンク)
  

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり