休暇村 蒜山高原(西館)

「温泉行って、卓球でもするか」
ということで、休暇村 蒜山高原に行ってきました。

宿 宿

今回、宿泊したのは蒜山高原西館。東館より少し古い建物のようです。
その分、宿泊費がリーズナブルだったのでした。

部屋 部屋 部屋 部屋

案内されたお部屋は、8畳の和室。
想像していたより畳も綺麗で清潔な印象です。
部屋には洗面台はありますが、トイレは共同。ウォシュレット付きでした。
各階に給湯室があり、ポットのお湯をセルフで給湯できます。
お布団敷きはセルフでした。
ヘアブラシ、かみそり、シャワーキャップなどの備品は、フロントで希望者に配布するスタイル。
CO2削減の一貫で、使い捨てによるごみ削減のため、なるべく持参をお願いしているとのこと。
タオル・バスタオル・浴衣はお部屋にありました。

卓球 設備

今回の目的のひとつ、卓球。
30分320円と有料。2台ありました。早い者勝ちみたい?
結構、楽しめました。

温泉 温泉

さて、ひと汗かいたので温泉です。
浴室は4階。
入浴時間は、11:00〜0:00、5:30〜9:00。
5:30〜9:00は宿泊者だけの時間帯とのこと。
フロントが開いている時間帯のみ、東館の浴室も利用できるそうです。(基本20時まで)

脱衣所には、スリッパクリップがあり、自分の履いてきたスリッパが一目で わかるようになっていました。
浴室は内湯のみ。入ると横長になっていて、左右に窓があります。
朝日と夕日、両方楽しめるのかな?
その窓際に浴槽が1つづつあるなんだか面白い造り。
この浴室、天井が低めのせいか、実際より狭く感じるような。
いい感じにくたびれてはいますが、お掃除はしっかりされている様子。
皆さん、東館の浴室を利用しているのか、殆ど貸し切り状態でした。
温泉は、無色透明。加水なし・加温・循環ろ過・塩素系消毒あり。
へんなぬめりもない、さらっとしたお湯でした。
プールなみに塩素臭がしましたが、規模と人の出入りを考えるとこれぐらいしないと だめなのかもしれませんね。

夕食 夕食 夕食 夕食

夕食は、1階のレストランにて。
17:30〜20:00(オーダーストップ19:30)。
基本プランは、バイキング形式。
サラダや、お刺身、そばやカレー、フルーツやヨーグルト、アイスクリームの他、 チョコフォンデュなんてのもあって、子供たちが嬉しそうでした。
いろいろありましたが、なんというか温かいものが少なく感じました。
お刺身の鯛と、おじさんがその場で焼いていた蒜山豚のソテーが美味しかったです。
後は、サラダ。地元の野菜を使っているところが嬉しいですね。
うん。
お腹いっぱいにはなりましたが、満足度は普通かなあ。
いやいや!料金を考えたら充分すぎるほど!
テーブル間を広めにとってあるので、窮屈さがなかったのもよかったです。
食後にコーヒーをいただきながら、のんびりできました。

朝食 朝食

朝食も、夕食と同じく1階のレストランにてバイキングです。
7:00〜9:00までとのこと。
サラダやフルーツ、ヨーグルトをたっぷりいただけて満足。
牛乳も美味しい!食べ過ぎました。
ごちそうさまでした。

温泉 温泉

折角なので、東館の浴室にも行きました。
想像よりこじんまりとしていましたが、西館より清潔感があります。
なにより窓一面の蒜山を眺められて、さわやかな印象。
気持ちよく過ごせました。

休暇村 蒜山高原。
振り返ってみると、料金以上に楽しめました。
小さなお子さん連れのファミリーにはよりいいかも。
あ、玄関は、0:00〜6:00まで施錠されるそうです。

(2014.11月)

休暇村 蒜山高原(西館)

住所 岡山県真庭市蒜山上福田
宿泊時の料金 一泊二食付 7,650円(税・サ・入湯税込)
日帰り入浴 大人500円 4歳以上300円
営業時間11:00〜14:30と18:30〜20:00
火曜日は18:30〜20:00
泉質 源泉名:蒜山ラドン温泉
単純弱放射能泉
低張性・弱アルカリ性・低温泉
泉温・湧出量 25.1℃ 171g/min
PH他 PH8.2 ラドン42.6×10-10ci/kg
密度0.9985(20℃)
蒸発残留物0.71g/kg
成分総計0.86g/kg
宿泊情報
(外部リンク)
じゃらん  るるぶトラベル  

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり