岩間温泉 山崎旅館

白山スーパー林道付近で、気になるお宿発見!
白山麓に佇む一軒宿 岩間温泉 山崎旅館さん。日本秘湯を守る会会員の宿だそうです。
温泉は、加水加温、循環が一切なく、24時間贅沢に源泉をかけ流しているそう。
露天風呂が私の苦手な混浴とのことですが、内湯もあるし・・・ちょっぴり迷ったのですが、思い切って予約してみました。

小松方面から国道360号線を中宮温泉目指してひた走り・・・一里野温泉を過ぎてしばらくすると、Y字路が現れます。 右手(ほぼ直進)が県道53号線。岩間温泉方面です。
そこから山道をうねうねと進むのですが、普通車でもすれ違い出来ないような箇所がちらほら。
はっきり言って、私の運転では無理な道だと思いました。 山崎旅館が、6月〜11月までの限定営業なのも頷けます。
この道は、元々創業者がなんと私費を投じて、6年の歳月をかけ山肌を切り開いてつけた道なのだそうです。 並々ならぬ熱意を感じました。

宿 山

はらはらしながら、なんとか宿に辿り着きました。やったー!運転手に感謝です!
そんなわけなので、これから訪れようという方には、明るい内にお宿に向かうことをおすすめします。

お宿

さて、山崎旅館です。
2012年にリニューアルオープンされたとのことですが、外観は思ったよりも古い建物に見えました。
中は綺麗にされていて、しかも、まだまだ改装途中なのだそう。
受付を担当していたスタッフの方は、ホテルのフロントマンみたいに折り目正しい雰囲気で意外でした。
今回予約したのは、洗面台・トイレの付いていないお部屋だったのですが、最寄りの共同トイレが改装中で使用禁止とのこと。 これは不便でした。使用出来るトイレが遠かったのです。

お宿 お宿

宿泊したお部屋。入り口に2畳ほど、中は6畳のこじんまりとしたお部屋です。
部屋に鍵はなく、金庫もありません。
代わりに、廊下や浴室の脱衣所前に、鍵付きのロッカーがありました。
エアコンはなく、扇風機のみですが、山深いせいか十分涼しいです。
お布団はセルフ。
テレビは1階の広間にあるだけで、それぞれのお部屋にはありません。
池の水音が聞こえるだけの静かな空間で、窓から眺める山々の景色もきれいです。
お部屋に置かれていた冷水が美味しい! こういうの嬉しいです。

お宿

アメニティは、姉妹館である「一里野温泉ろあん」のものを使われていました。
浴衣と作務衣もそうみたい? こういうの、無駄がなくていいかも。
そのろあんから、山崎旅館へは無料送迎のサービスがあるようです。
宿へ来るときのあの厳しい道のりを思うと、ろあんから送迎していただけるのはいいですね。
他に、金沢駅発の無料送迎バスも毎日運行しているそうです。

温泉 温泉 天井 温泉

一息ついてから温泉へ向かいました。
温泉は、チェックインから翌朝9時まで入浴OKとのことです。
天井が木を組んだ造りになっていて、なんだかいい感じです。
内湯と露天風呂がありますが、露天風呂は私の苦手な混浴。
ただ、伸縮性のある湯着が用意されていました。

温泉 温泉

内湯はこじんまりとした岩風呂。とろとろと源泉が注がれています。
無色透明で、つるすべ。肌触りがすごくいい感じです。
飲んでみると、ほんのり湯の香かおる塩味。くせのない美味しくて気持ちいい温泉でした。

そして、混浴露天風呂。真っ赤な湯着は、体にしっかり巻きつく感じで安心感があります。
抵抗はあったのですが、内湯でお話したお姉さんに勇気をいただき、思い切ってご一緒させていただきました。

温泉 温泉

露天風呂は、素朴な岩風呂。
目隠しになる大岩があって、入り口がなんとなく左側が女湯、右側が男湯という風に分かれていました。
目隠しとなる岩が湯船の中ほどまであるので、私みたいな苦手な人間でも、いけそうな感じ。
ドキドキしながら入ってみれば、湯温が内湯よりぬるめで気持ちよかったです。
・・・でもやっぱり落ち着かなくて、お姉さんへのご挨拶もそこそこにあたふたと中に戻っちゃいました。
後から連れに聞いたところ、男性用の湯着(紺色)があったそうで、 「男性用も置いてくれてるところがいいなあ」と喜んでいました。

休憩

浴室前の休憩スペース。
ここでも冷たい岩清水を飲めるようになっていました。
ありがたいサービスです。

休憩

宿泊棟には、卓球場が。フロントにて許可をいただき、なんとなくやってみることに。
ラケット、シェイクハンドもあったりして。
夫婦で意外に盛り上がり、息が切れるほどゲームしちゃいました。
楽しかったです。

食事処 岩魚

夕食は、18時から。1階の広間でいただきます。
夕方から玄関わきで、炭火でじっくり焼いていた岩魚の塩焼きが最高でした。
味噌汁のおかわりはOK。おおきななめこが美味しかった。
他に、猪の朴葉味噌焼き、かた豆腐、山菜の煮物、茶わん蒸しなど。
お蕎麦は普通でしたが、わさびが効いていました。 川魚のお刺身はこりこりと身がしまっていて美味しかったです。

夕食 夕食 夕食 みかん


夜中に、露天風呂に再チャレンジしました。
誰もいなくて、それはそれでびくびく。
でも、湯船につかってほっとして、ふと見上げた空に目が釘付け。
降るような満点の星空がそこにありました。
天の川も見える・・・星が近いです。
感動して、随分と長い間見上げていました。
流れ星、2つ。
こんなに綺麗な星空を見るのはいつぶりか・・・。
この宿に来てよかったと心から思いました。

朝食 朝食 朝食

朝食は7時半から。やはり1階の広間でいただきます。
お鍋の中身は、大きながんもどき。具だくさんです。食べごたえがありました。
温泉たまごも嬉しい。
素朴な内容なのですが、なんだか食が進んで、2回もおかわりしました。ごちそうさまでした。

振り返ってみて。
私にとって、不便なところ、苦手なところのあるお宿でしたが、 あの星の露天風呂は忘れられない思い出です。
心に残る綺麗な星空でした。

(2014.7月)

岩間温泉 山崎旅館

住所 石川県白山市尾添
宿泊時の料金 一泊二食付10,150円(税・サ・入湯税込)
日帰り入浴 中学生以上700円 小学生以下400円 4歳未満無料
泉質 源泉名:岩間温泉
ナトリウム−塩化物泉
弱アルカリ性・低張性・高温泉
泉温・湧出量 93℃ 310g/min(自噴)
PH他 PH7.7 ラドン1.6×10-10Ci/kg
密度0.9996(20℃/4℃)
蒸発残留物1.749g/kg(130℃)
成分総計1.859g/kg
詳細
(外部リンク)

 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ ロケーション
LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり