奥蓼科温泉 渋・辰野館

以前からずっと気になっていたお宿 奥蓼科温泉 渋・辰野館に行ってきました。
創業100年という歴史ある一軒宿です。
着いてみると、玄関からすごい迫力!重厚感にときめきました。

宿

ロビーです。天井が高く、正面のガラス窓から見える白樺が綺麗でした。
左手の受付でチェックイン。宿泊に関する説明もここで受け、お部屋へは自分たちだけで向かいます。 どうやら仲居さんの類はいらっしゃらないようです。
説明時に、お宿の案内図もいただきました。
右手の階段を上がって、左側が温泉棟、右側が宿泊棟。
館内のパブリックスペースは22時半に消灯とのこと。

今回予約したのは、洗面台とトイレが共同のお部屋です。
部屋の鍵が2つ用意されていて便利でした。
お風呂に行った際、連れと戻る時間が違っても大丈夫なようにだそうで、その心遣いが嬉しいです。

宿

お部屋に入ってみると、既にお布団が延べてありました。
おこたがなんだか嬉しいです。寛げました。
テーブルにはお湯の入ったポットが2つ。
ご家族で切り盛りされているのか、なんとか人手をかけないよう工夫されている印象でした。
私たちはどちらかというとほったらかし希望なので、こういう接客は嬉しいです。

廊下 展望風呂 展望風呂 展望風呂

一息ついてから温泉へ向かいました。
辰野館には、展望風呂、森の温泉、信玄の薬湯の3か所浴室があります。
まずは、唯一、石鹸類が使用出来る展望風呂へ向かいました。
こちらは、天然水を温めた湯で、温泉ではありません。
でも、ミネラル分が豊富なのか、とろみのある滑らかなお湯でした。
ここでしっかり汚れを落とし、お次は森の温泉へ。

温泉 温泉 温泉 温泉

森の温泉です。
引き戸で隔てて内湯と露天風呂があります。
お湯を愉しむためだけの浴室ですが、引き戸を開けると木々の緑が見え、開放感がありました。
なるほど、森の温泉です。
湯船の深さ90cm。そこに滔々と源泉が注がれています。
湯船の中では、無数の白い湯の花が舞い踊っていて、湯が白濁して見えました。
硫黄の香りの白濁泉。テンションが上がります。
内湯は、40℃以上に加温された温泉、露天風呂は18℃の源泉かけ流しです。
早速源泉へ向かいましたが・・・・・・18℃、舐めてました。
ここでは、内湯でしっかり温まりました。

温泉 温泉

そしてそして。
辰野館で一番人気の信玄の薬湯へ。
信玄の薬湯は内湯のみで、源泉打たせ湯かけ流しの浴槽と、熱めの沸かし湯の浴槽があります。
一番手前にある槽は、飲泉&かけ湯のためのものなのかな?
よくわからなかったけど、どうも浴用の槽じゃないようでした。
こちらの浴槽も深さ90cm。湯船は、森の温泉より小さいサイズでした。
一番奥の加温浴槽でしっかりと温まってから、折角なので源泉浴にチャレンジ。
頭上の管からドバドバと冷鉱泉が注がれています。
息を止めて、とにかく浴槽に入ってみましたが・・・つ、冷たい!爪先立ちのまま固まっちゃいました。
見る間に鳥肌が。すぐに加温浴槽に戻りました。
先客は、源泉浴槽にしっかり全身浸かるばかりか、うたせ湯まで楽しんでいます。
しかも、気持ちよさそうに。
その方が、加温浴槽に戻ってきたので、選手交代とばかり再度チャレンジです。
体をしっかり温めたし、今度はイケる、はず。
が。
・・・またしても固まる私に、先客のおねえさんが、
「一気!一気!」
励ましてくださいました。
これは逃げられません。声援にお応えし、えいやっと浸かってみました。
水越しに鳥肌の立つ腕が見えましたが、固まったまま耐えます。
なんだかもう我慢大会でした。
でも、そうしてじっと我慢していたら、いつのまにか体が内側からぽかぽかと温まってくるのを感じました。
顔を上げると、おねえさんが見守ってくれています。笑顔を交わしあう二人でした。
その後は、加温浴槽と源泉浴槽を行ったり来たり。
交互に浸かるのを繰り返し、この温泉が大好きになりました。
おねえさん、ご声援ありがとうございました!楽しかったです!

源泉は、指で揉むとつるりと滑らかですが、肌には若干刺激を感じました。
皮膚の薄いところがピリピリします。
注意書きに、「効能が非常に強いので15分以上の入浴はご注意ください」とあった通りかと。
飲むと硫黄の香りと酸味を感じます。
胃腸に良いとのことですが、1日コップ1杯程度が限度で、飲みすぎもいけないそうです。

食事処

夕食は、18時から。1階の食事処しらかばでいただきます。
名前の通り、窓からライトアップした白樺を眺めてのお食事。素敵な雰囲気です。

夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食 夕食

ずらりとならんだお料理に感動。
うす味で、上品でやさしい味付けでした。すごく好みの味で美味しかったです。
野菜をたくさん食べられたのもよかった。
信州豚のお鍋、いいお出汁が出ていて、お汁まで残さずいただいちゃいました。
紅ますのお刺身も美味しい。
生湯葉に、とろりとしたにんじんのスープ、香ばしい岩魚の塩焼き・・・etc
ふきのとうやふきの佃煮を、他の料理の味付けに使っているところにも感動しました。
山菜の天ぷらは、最初からいい感じにお塩を振ってあって、そのまま美味しくいただけました。
別のテーブルに、炊飯器、お茶のポット、冷水等が用意されていて、それらはセルフ。
なので自由におかわりが出来ます。
もう本当、ご馳走様でした。大満足です。

就寝前に、再度信玄の薬湯へ。
やはりここが一番気に入りました。一日の締めです。
入浴時間ですが、夜は22時半まで。朝は4時50分からOKだそうです。

疲れていたこともあり、消灯時間を待たず、早々に床に就きました。
お布団、敷布団はいい感じに固めで、掛け布団はふんわり。
シーツがパリッと気持ちよく、ぐっすり眠れました。

朝食 朝食 朝食

朝食は8時から食事処で。
朝も品数豊富で嬉しい!どれも美味しくいただきました。
なら漬けかと思いきや、リンゴと何かのコンポート(シナモン風味)が特に印象に残っています。
窓越しに見える景色が朝もやっぱり綺麗で、森の中のレストランみたいでした。
コーヒーのサービスも嬉しかったです。
ゆっくりお食事と会話を楽しめました。

宿

奥蓼科温泉 渋・辰野館。
温泉も、お食事も、雰囲気も最高に好みでした。遠かったけど、行ってよかった〜!!
また是非訪れたいお宿のひとつです。
今度は、あの冷たい源泉をもう少し気軽に楽しめそうな夏の盛りがいいかな。

(2014.4月)

奥蓼科温泉 渋・辰野館

住所 長野県茅野市豊平
宿泊時の料金 一泊二食付13,300円(税・サ・入湯税込)
日帰り入浴 大人1,500円、小学生1,000円、幼児500円
11:00〜16:00
泉質 源泉名:奥蓼科温泉 渋鉱源泉
単純酸性冷鉱泉
酸性・低張性・冷鉱泉
泉温 21.2℃(自然湧出)
PH他 PH2.71 蒸発残留物463mg/kg 密度1.0002(20℃) 
宿泊情報
(外部リンク)

じゃらん  るるぶ

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり