白馬塩の道温泉 呼雲荘

白馬で、温泉付きのリーズナブルなお宿を探していて、ふと目に留まった呼雲荘さん。
建物が、築300年。幕末時代の信州の豪族の館なのだそうです。 ときめきました。

お宿

着いてみると。あれ?パッと見、外観からはそんなに歴史を感じないかも?
でも、中に入ってみれば、高い天井に太い梁、そして囲炉裏。
床もつやつやしていて、あたたかみのある空間が広がっていました。
案内されたのは、2階の客室で、廊下から階下の囲炉裏を見下ろせる面白い造り。
それぞれのお部屋は、この空間を囲むようにコの字にぐるりと配置されているようです。

お宿 お宿 お宿 お宿

お部屋は和室の8畳で、小さな洗面台が付いています。
でもこれ、冬の間は凍結防止のため使えないそうです。
共同の洗面台は1階にがあります。
洗濯機もありました。合宿やスキーで利用される方に便利ですね。
ちょっと不便に感じたのは、トイレが1階にしかなかったこと。
建物の造り上、仕方ないのかな。 でも、トイレは綺麗だし、ウォシュレットでした。
あ、バスタオル、タオル、歯ブラシ、浴衣ありです。

お宿

浴室は、内湯が男女各1つ。 すっきりした造りですが、壁が木なのであたたかみがあります。
白馬塩の道温泉ということで、期待していたのですが、脱衣所で衝撃の事実が判明!
タンクで運ばれてきた温泉だったのです。
そんなわけで、加温・循環ろ過・消毒ありとのこと。
正直がっかりしたのですが、入ってみたらちょっと面白い温泉でした。
温泉は無色透明。 なのですが、湯の表面には、塩の結晶がびっしり浮かんでいます。
よく見ると、底には粒の細かな塩がうっすら積もっていたり。
肌触りはなめらか。 見た目通り、相当塩分が強いのでしょう。擦り傷に沁みるー。
上がってからは、すごくぽかぽかしました。保温力のある温泉です。
入浴は、夜は23時まで。朝は何時からか聞きそびれてしまいました。

お宿 お宿

食事は、1階の食堂でとのことで、配膳が終わると呼ばれます。
食堂の引き戸のガラスが、どこか懐かしくていい感じ。
お向かいには、囲炉裏のある広々したお部屋が。
冬はここに火が入って、皆で囲んで歓談したりするのでしょうか。

お宿 お宿 お宿 お宿 お宿 お宿

呼雲荘の夕食。 ご飯が炊き立てで美味しい〜。 お刺身に、豚しゃぶもGOOD!
天ぷらの1つが、変わった食感のさつまいもかと思ったら、ビスケットでした。びっくり。
ホイル包み焼の中身は厚揚げでした。添えられてたフキノトウ味噌が美味しい!自家製でしょうか。
ちょっぴり残念だったのが、お蕎麦。期待しすぎたかも。

お宿

一夜明けて、呼雲荘の朝ごはんです。オレンジジュース付き。
ご飯がやっぱり炊き立てで美味しかったです!

呼雲荘では、お部屋や浴室など、宿泊に関することをチェックイン時に口頭で説明して下さるくらいで、 良い感じのほったらかし具合。お布団もセルフです。
干渉されるのが苦手な私たちにはぴったりなお宿でした。
朝早いのにも対応して下さって、ありがたかったです。お世話になりました。

さて。
その後、白馬塩の道温泉の源泉が気になって、「倉下の湯」に行ってきました。
・・・これはもう別の温泉かも。

(2013.9月)

白馬塩の道温泉 呼雲荘

住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城瑞穂
宿泊 一泊二食付7,350円〜
日帰り
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
中性・高張性・高温泉
泉温 48.1℃ 1500g/min (タンク輸送)
PH他 PH7.14 蒸発残留物13970mg/kg
詳細 るるぶトラベル

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり