奥津温泉 東和楼

お宿 お宿

以前から気になっていた美作三湯の一つ、奥津温泉に行ってきました。
奥津温泉と言えば、鍵湯で有名な奥津荘がありますが、今回宿泊したのは、そのお隣の東和楼さん。
私の大好きなフレーズ「木造三階建」のお宿です。立派な建物を見上げて、わくわくしました。

お宿 お宿

通されたお部屋は、どこか懐かしい雰囲気の6畳の和室。
洗面台と冷蔵庫付きの広縁と玄関間というのでしょうか、お部屋の手前に2畳ほどの小部屋がついていました。
古びていますが、昔だったら上等なお部屋だったのではないかと思います。
トイレは共同ですが、改装されたのか新しく、ウォシュレット付きで綺麗でした。
貴重品入れ等はなく、代わりに茶封筒を渡されました。
フロント預けの形となるそうです。

お宿 お宿

さて、楽しみにしていた東和楼の温泉。
内湯が男女各1つと家族風呂があるそうです。
完全な源泉かけ流しなため、24時間いつでも入浴OKとのこと。
どこも、鍵がかかるので、空いていれば貸し切りで使用出来るそうです。
まずは、丁度空いていた家族風呂に入ってみました。
こちら、こじんまりとした浴室ですが、タイル張りでいい雰囲気です。
浴槽の中央底から温泉が湧いているようで、湯の表面でぷちぷち小さな泡がはじけていました。
浴槽の淵からあふれ出した湯は、さらさらと川のように流れています。
湯量豊富な奥津温泉ならではでしょうか。見ているだけで心が躍りました。
逸る心を抑えて、さささと体を洗い、湯船の中へ。
浸かってみると、ざざーっと湯が溢れ、洗面器がどんぶらこと流れていきました。
なんて贅沢なかけ流し!!勿体ない〜
温泉は、無色透明。匂いもありませんが、つるんとしたなめらかな肌触り。
丁度いい温度で、すっごく気持ちよかったです。
縁にもたれてまどろんで、随分と長湯しました。

お宿 お宿 お宿 お宿 お宿 お宿

東和楼の夕食です。18時くらいから希望時間を聞いてくれます。
食事は、朝・夕とも、別室に用意され、準備が整うとお部屋に電話がかかってきます。
今回、一番お安いプランでお願いしました。
料金の違いは、お料理の違いとのこと。
そんなわけで、内容は昔ながらといった感じかも。
焼き魚はあまご。解禁になったばかりだそうで、これが美味しかったです。
あと、オレンジが酸味と甘みがほどよくてすごく美味しかったです。
熊本産みたいですが、品種がわからなかったのが残念。
食べ終えたら、付属の電話でフロントへ「ごちそうさま」を伝え、部屋に戻りました。

お宿 お宿

一休みしてから、東和楼のメインの温泉、岩風呂に行きました。
部屋から階段を降り、細いトンネルを通って浴室へ向かいます。
温泉へ行くというより、なんだか廃墟を探検しているかのようなわくわく感?

お宿 お宿

まずは女湯を覗いてみました。
こじんまりした浴室ですが、噂通り足元から湯が湧いているようです。
先に家族風呂で体を洗っておいてよかったです。
こちらには、水が出そうな水道が1つあるきりでシャワー等はありません。
でも、ないところがいいなと思いました。

お宿

折角なので、男湯を貸し切ることに。
女湯の倍くらいの湯船でしょうか。 浸かってみれば、腰くらいの深さがありました。
温かい川に浸かっているみたい。 浮遊感が楽しくて、気持ちいいです。
透明度の高い温泉・・・本当に綺麗です。

・・・でも。
ちょっと、アレです。
脱衣所も浴室も・・・お掃除をされていないわけではないと思うのですが、残念な面がちらほら。
折角の風情ある外観で、温泉もすっごくすっごくいいのに・・・。
なんだか勿体なあと思いました。

お宿 お宿 お宿

東和楼の朝食。7時半からいただきました。
炊き立てご飯、美味しかったです。

8時半から15分ほど、河原で「足踏み洗濯」があるとのことで、 それに合わせて朝食をいただきましたが、時間は希望を聞いていただけるみたいです。

お宿 お宿

足踏み洗濯は、奥津温泉に伝わる独特の風習なのだそう。
なんでも熊や狼に襲われないように、周囲を見張りながら洗濯していたのが始まりだそうです。
河原に湯が湧いているのですが、「入浴禁止」の看板がありました。
確かに。うっかり入ってしまいそうですね。

事前に、奥津温泉には「温めぐり手形」なるものがあると知って、「これは手にいれねば!」 と勢いこんで宿の方に尋ねてみたのですが・・・
お隣の河鹿園さんが廃業されたりと色々あって、昨年、廃止されたのだそうです。
(既に発行されている分についてはまだ使えるとのことです)
言われてみれば、休日だというのに、周囲のおみやげ屋さんといい、町自体が元気がないというか、 何かもの寂しい雰囲気でした。観光客が随分減っているのでしょうか。

(2013.3月)

奥津温泉 東和楼

住所 岡山県苫田郡鏡野町奥津
宿泊 一泊二食付11700円〜
日帰り 800円
泉質 単純温泉(緩和性低張高温泉)
泉温 42.6℃ 105g/min(自噴)
PH他 PH9.2 密度1.0003 総成分141.904mg
0.956マッヘ
宿泊情報
(外部リンク)
 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! ×

わんこの隠れ家温泉でまったり