佐津温泉 民宿かめや

「そうだ!カニ食べに行こう!」ということで佐津温泉に行ってきました。
カニといってもズワイガニではなく、別名香住ガニとも言われる紅ズワイ。
丁度シーズンだったのです。
訪れたのは、佐津温泉 民宿かめやさん。
HPの「かににこだわる宿」という一文に惹かれました。

お宿 お宿

香住には柴山にも「かめや」さんがあります。
宿へ向かう途中に見掛けて、間違えそうになりました。
住所が違うのに気付けて良かった!

佐津温泉への入り口がわかりづらく、入ってからも地図を確認しながら、宿を探しました。
着いてみてびっくり。新築の民家のようです。でも表札はちゃんと「かめや」。
「・・・ここでいいんだよね?」
おどおどと玄関に向かいました。
お部屋にご案内いただいて、更にびっくり。 トイレ・洗面所付きで、広いんです。10畳ありました。
景観こそ望めませんが、とっても清潔感のあるお部屋です。
「わぁ」
自然、声が漏れてました。海のそばの民宿=合宿に使われそうなアットホームな宿、なイメージでしたので、色々予想外でした。
貴重品入れはありませんでしたが、テレビはアクオスで、電気ポットまで備えていました。

一服してから、お散歩へ。 外へ出れば、波の音が聞こえるほど海のすぐそばなのです。
路地の先には静かな砂浜(訓谷浜?)。波打ち際をぶらぶらしました。
しっとりといい雰囲気でしたが、海水浴シーズンはまた違った顔になるのかもしれませんね。

お宿 お宿

宿に戻って、ひとっ風呂。
この日は、男湯のみ稼動とのことで、「男湯」「女湯」「家族風呂」の札を選び、入り口に下げて入りました。
3〜4人向けのこじんまりした浴室は、明るく清潔で湯船からは坪庭を眺めることが出来ます。
湯は無色透明無臭で、ほんのり塩味。加水・加温・循環ろ過されています。
湯ざわりやわらかな綺麗なお湯で、気持ちよかったです。
入浴時間は夜は22時までで、朝は6時半からとのこと。
浴室にカギがかからないのが難点でした。

さてさて、温泉の後はお楽しみの夕食タイム。
香住ガニのプランで申し込んだので、カニづくし、です!
茹でガニ、刺身、焼きガニ、カニしゃぶ、カニ雑炊・・・どんどん出てきてわくわくしました。

カニづくし 夕食 夕食 カニづくし 夕食 カニづくし カニづくし カニしゃぶ カニ雑炊 デザート

カニしゃぶは初めてだったのですが、カニ鍋=身がカラカラで取りにくい、というイメージが払拭されました。
身がするんと取れて感動でした。
あと、カニはお刺身より火を入れたものの方が好みだということもわかりました。
生だと甘味を感じた途端、口の中で溶けちゃってる感じ、かな。
お刺身など、お魚も美味しかったです!キスの煮つけ、初めていただきました。
「もうもうもう無理。お腹いっぱい!」
と呻きつつ、雑炊までしっかりいただきました。だって美味しすぎる・・・!
デザートは女将さんのお手製。こういうのも嬉しいですね。

食事は朝・夕とも一階の広間でとのこと。テーブル席です。
夕食は18時から20時の間、朝食は8時からの時間指定となります。
一階のロビーに冷水器のアクアクララがあり、自由に冷たいお水をいただけるのも嬉しいサービスでした。


食後、お腹が落ち着いてから、またお風呂へ行って・・・その後は就寝タイム。
かけ布団が羽毛で、ふっかふか。最高に気持ちよく眠れました。

お宿 お宿


お宿 お宿

朝食。
ごはんがつやつやです。カニ汁付きでした。
お鍋の中身は湯豆腐です。
お魚は、焼き立てとはいきませんでしたが、これまた美味しかったです。
モーニングコーヒーは100円。お部屋でいただきました。

かめやさん、とにかく朝・夕とも食事が最高でした。
美味しいものをお腹いっぱい食べて、の〜んびり。良い休日でした。

(2011.10月)

佐津温泉 民宿かめや

住所 兵庫県美方郡香美町香住区訓谷
宿泊 一泊二食付9000円〜
日帰り
泉質 佐津温泉第2源泉 ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)
泉温 37.1℃ 
PH他 PH7.5 ラドン13.7×10-10ci/kg
宿泊情報
(外部リンク)
  じゃらん  るるぶトラベル

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり