濁河温泉 ひゅって森の仲間

夏の旅行。
どこに行こうか考えた末、濁河温泉にしました。
名前だけは、聞いたことがあるのですが、どんなところだか全然知りませんでした。
でも、「濁河」だなんて、すっごく濃い温泉ぽくて。
岐阜には泊まったことがなかったことも、理由のひとつです。

今回選んだお宿は、ひゅって森の仲間。
山好きのご夫婦がお二人で切り盛りしていらっしゃるアットホームな温泉宿です。
我が家にしては奮発して、飛騨牛焼肉プランでお願いしてみました。 基本プランは合鴨鍋ですが、夏に鍋もどうかと思ったのです。
でも、宿に着いてみてびっくり。 地上(?)の暑さが嘘のよう。春か秋の気候です。正に別天地。
これならエアコンも扇風機も必要ないでしょう。 夏の合鴨鍋もありだったかも。

お宿 お宿

案内されたお部屋は8畳の和室。
洗面・トイレが共同で、布団の上げ下ろしはセルフサービスです。
食事は、朝・夕とも1階の食堂でいただきます。

まずは温泉で、旅の汗を流すことに。
すぐ近くに町営の露天風呂もあると勧めて下さったのですが、
「人がいない方がいいよね」
てなわけで、宿のお風呂でのんびりすることにしました。
昔を思うと随分お尻が重くなりました。私。

お宿

温泉は、最高!
そんなに広くはないのですが(私はこれくらいが好き)、人がいなくてずっと貸し切り状態でした。
源泉100%のかけ流しで、24時間入浴可能。露天風呂からは、源泉が噴出している様も見えます。
内湯の床はすのこ状になっていて、それも気持ちよかったです。こういうの、大好きです。
おそらくすのこの下は、湯の成分による堆積物でえらいことになっているのでしょうね。 塩の結晶とかでとげとげしてそう・・・。

湯はうっすら濁っていて、肌触りはつるっとしっとり。
飲むとほんのり塩味、鉄錆びの匂いと時折、硫化水素臭(?)がしました。

湯温は私の好みより高めだったのですが、なんだかとても気に入ってしまって、 出たり入ったりを繰り返し繰り返し・・・随分な長湯になりました。
そんな風にすごく好みだったのですけれど。
難を言えば、脱衣所。ついたてか何か、目隠しがあるともっと落ち着けたかもです。

お宿 お宿 お宿 お宿

さてさて。 お次は楽しみにしていたお食事。飛騨牛です。
・・・・・・ところが。
なんだか私の分は、脂が乗りすぎててイマイチでした。
みかねた連れが自分のを分けてくれました。そちらは文句無しに美味しかったです。
いいお肉だったらしいのに、当たり外れがあるなんて。
楽しみにしていた分、切なかったです。隣のテーブルの合鴨鍋が、なんだかやけに美味しそうに見えました。

嬉しいこともありました。
なんと、宿自家製の果実酒を好きなだけ味見できるのです。無料です。
グレープフルーツミントや、ジンジャーミント、 カリンにさんしょうやユリの花なんてのまでありました。
ストレートではきついので、冷たい山のお水で割ったりして。
それ用の蛇口もあって便利。
すっかり酔っ払って、ご機嫌急上昇でした。
関係ないですが、にじますの開きって珍しいなと思いました。

お宿 お宿 お宿

朝食はこんな感じ。
岐阜と言えば、朴葉味噌ですね。 久しぶりにいただきました。

お宿 お宿

宿のすぐ裏手には、緋の滝があります。
遊歩道を通ってお散歩。
緋というより緑が眩しかったです。 とても綺麗な滝でした。
夜にはライトアップしているのだそうです。

振り返ってみると。
基本プランでよかったかも。それだったら文句なしの内容だったかな、なんて。

(2007年8月)

濁河温泉 ひゅって森の仲間

住所 岐阜県下呂市小坂町濁河温泉
宿泊 1泊2食10,650円〜
日帰り 大人500円 小人300円 幼児無料
8:00〜20:00
貴重品ロッカー・鍵付きロッカーなし
泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム−硫酸塩・炭酸水素塩泉
(低張性中性高温泉)
泉温/湧出量 51.9℃ 759g/分 掘削自然湧出
PH他 PH 6.3
その他 食堂あり(原則11:00〜14:00)
宿泊情報
(外部リンク)
じゃらん

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり