乳頭温泉 鶴の湯

職場でふと温泉旅館の話になった際、 満場一致で薦められた乳頭温泉 鶴の湯。日本秘湯を守る会会員の宿でもあります。
大変な人気で、予約を取りつけるのが難しいとのことだったので、 私にしては、かなり早目にお電話してみました。
おかげで夏休み期間にも関わらず、無事宿泊出来ることになりました。

外観

そうして訪れた鶴の湯。その歴史を感じさせる建物に雰囲気に、まずは圧倒されました。
事前に期待が大きすぎた場合、がっかりすることって多いと思うのですが、 期待を裏切らない風情にもううっとり。
茅葺屋根の本陣は、二代目秋田藩主 佐竹義隆公が湯治に訪れた際に 警護の者が詰めた建物なのだそうです。

室内

その本陣の一室が、本日泊まるお部屋。
テレビや冷房はなく、トイレや洗面所も共同でした。
そこここが古びていて素朴なのですが、そこがいい味になっています。

食事 食事

食事ですが、夕食はお部屋で、朝は食堂でいただきます。
夏だというのに、わざわざ囲炉裏付きの部屋を選んだ私に、連れは最初あきれていたのですが、 囲炉裏ばたにお料理が並べられていく頃には頬を緩めていました。
囲炉裏にかけられた鉄鍋とか、雰囲気満点!
食事は目でも楽しむものですよね。

さて、温泉。
白濁した本物の温泉は、 天然湧出で100%源泉かけ流しとのこと。
種類の異なる源泉が4つもあり、しかもすごい湯量です。
ここ一軒で湯巡りが出来るほど風呂数の多い鶴の湯。
でも、混浴が苦手な私には全制覇は無理でした。残念。
ありがたいのは女性用の露天風呂があったこと。
こちらも十分な広さがあって、静かで落ち着いた雰囲気。
最高に気持ちよくて、すごく気に入ってしまいました。
白いお湯に隠れて見えないのですが、足元には大きめの丸い石が敷き詰められていて、 足の裏まで気持ちよかったです。
その女性用露天風呂に夕食後すぐに行ってみたら、なんと貸し切り状態。 すごく得した気分になりました。

が。
バイトらしき青年が、声もかけずにいきなり懐中電灯でこちらを照らしながら やってきてびっくり。
湯の注ぎ口等の点検のためでしょうが、中をうろうろされて。
湯が濁っているし、暗いから見えないとは思うのだけど 、一人きりだったので心細いし怖かったです。
丁度浸かっている時で本当よかったです。 縁にでも座っていたら、ばっちり見られちゃってましたよ・・・。
そんなことがあったので、下の満足度、スタッフ欄は△で。

彼が去った後、すぐに別のお客さんが入ってきて、 おかげでおしゃべりは弾みました。
それがなかったら話し掛けることはなかったかもしれないので複雑。
その方からは、新たな温泉情報をいただきました。
なんでも、鳴子のふきあげ温泉がよかったらしいです。

その後、黒湯も覗いてみたのですが、ちりちりに熱くてとても入れなかったので、別の内湯に向かいました。

廊下

鶴の湯さんでは、シャンプー等が使えるのは、決められた内湯だけになっています。
環境を少しでも守るためでしょう、備え付けのシャンプーも、なるべく自然に負担をかけないような品選び。 好感を抱きつつ、色々考えさせられました。
こうしている私たちって、自然からもらってばかりだなあ、とか。

温泉

とんでもなく熱かった黒湯ですが、朝一番に再度行ってみたら適温だったので、 ゆっくりまったりお湯を味わうことが出来ました。
極楽、極楽。

振り返ってみると。
見るもの見るものにわくわく胸を躍らせました。
お湯で温まり、雰囲気に癒され、素朴なお料理に心も温めていただいたという感じ。
評判通り、風情ある素敵なお宿でした。

日帰りで来た場合、2号館の玄関付近と、有料で本陣の一部で休憩出来るそうです。
貴重品は、2号館の入り口のコインロッカーを利用します。

本館から1.5kmくらい手前には、鶴の湯温泉 別館山の宿があるそうです。
こちらは角館の古民家を移築した建物とのこと。
湯は本館の白湯を引いていて、 お部屋全てにユニットバスとウォシュレット付きのトイレが備わっているそうです。
でもやっぱりテレビと冷房はありません。必要ないのでしょうね。
こちらの宿もすごく気になっています。  

鶴の湯温泉別館 山の宿【じゃらん】

(2001年8月)

乳頭温泉 鶴の湯

住所 秋田県仙北市田沢湖田沢字先達沢国有林
宿泊 1泊2食:8550円〜
日帰り 大人500円 小人300円 10:00〜15:00(要確認)
泉質 【白湯】含硫黄−ナトリウム・カリウム−塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)
【黒湯】ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
【中の湯】含重曹・食塩硫化水素泉
【滝の湯】含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素泉
泉温/湧出量
PH他
詳細 るるぶトラベル

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり