瀬領温泉石楠花山荘 十右衛門

「合宿をしよう」
いきなり夫婦で盛り上がり、石川県に行くことになりました。
夫は某資格試験の勉強、私は主に読書を目的としていたので、静かな宿を探して。
そうして目を留めたのが瀬領温泉 十右衛門でした。

お宿 

瀬領温泉 十右衛門(とうえいもん)は、古い民家を再生した小さなお宿。
温泉宿というよりは、料理旅館といった雰囲気です。

お宿 

通されたお部屋は雰囲気のある和室。
静かに勉強するにはぴったりのお部屋です。
古びてはいますが、きちんとお手入れされているのとどこか懐かしい匂いがして、 しっかり寛がせていただきました。
部屋にトイレはありませんが、すぐそばにあったので特に不便は感じませんでした。

お宿 

十右衛門の浴室です。
正直、温泉を目当てに来たのでは、がっかりするかもしれません。
源泉持ちのお宿ではありますが、こじんまりとしたシンプルな家族風呂が1つあるだけ。
各宿泊客ごとに貸し切りで入る形です。
温泉は無色透明無臭のきれいなもので、 季節のせいか少し熱めに沸かしてありました。
手触りはきしきしした感じ。他に際立った特長はなかったと思います。

お料理ですが、予約の際に、熊(またぎ)料理、川魚料理、 山菜料理などの中から選びます。
私たちは、普段口にすることのないまたぎ料理をチョイスしました。
食事は、夕・朝食とも別室でいただきます。

楽しみにしていた夕食タイムには、お料理が出てくる、出てくる。
岩魚の塩焼きにお刺身、熊と鹿のお刺身、猪の舌のハム、 わさびの葉のおひたしにわらびの酢の物、鹿肉のみそ焼きなどなどなど。
珍しい食材を使ったお料理は、量も凄かったです。
どれも美味しくてお箸が止まらなかったのですが、 いなごの佃煮だけはごめんなさいしてしまいました。
連れは美味しいと言っていましたが、どうしても口に運べなくて。
「私にも好き嫌いあったんだなあ」
しみじみ思いました。

そろそろお腹いっぱいという時に、とどめのまたぎ鍋(熊・鹿・鴨)登場!
嬉しい悲鳴をあげることに。
またぎ料理ということで、クセのあるものを想像していましたが、 肉にも臭みがなく本当美味しかったです。

お宿 

残念なことに写真を紛失してしまったので、 お料理に関しては上の1枚のみ。
因みに朝食です。
湯豆腐に朴葉みそやとろろ芋などが並びました。
マイタケとゼンマイの煮物やなめこの味噌汁柚子風味も美味しかったです。
素朴だけれどボリュームたっぷりで朝から大満足。

宿泊代を考えると、かなりお得だったとつくづく思います。
十右衛門は、「またぎ料理を食べてみたい!」という方にはオススメの宿でした。

(2003年3月)

瀬領温泉石楠花山荘 十右衛門

住所 石川県小松市瀬領温泉
宿泊 一泊二食付10000円〜(税別)
日帰り お食事付コースあり
泉質 含芒硝石膏泉
泉温/湧出量 37.5℃ 214g/分 (動力)
PH他 PH7.5
宿泊情報
(外部リンク)
 

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり