妙見温泉 別館山水荘

日本秘湯を守る会の登録宿でもある妙見温泉のおりはし旅館。
その別館山水荘に行ってきました。

宿

低料金だったので、古びているか、無味乾燥な建物を想像していたのですが。
外観も案内されたお部屋も、清潔で居心地がよく、いい意味で裏切られました。
部屋にはトイレ・洗面台完備。お値打ちな宿です。

宿

1階の裏には洗濯機があり、他に、食器や調理器具の揃った食堂もあってこちらで自炊が出来るそうです。
お布団の上げ下ろしはセルフ。
持ち込みは、部屋にはOKですが、食堂へは別料金がかかるそう。
食事付きの宿泊の場合、夕食は18時から。
朝食は8時で両方とも1階の食堂でいただくことになります。
ただ、チェックインは13時から20時となっているので、多少時間の融通はきくのかも? 
チェックアウトは11時。レイトなので朝にもゆっくりと温泉を楽しめます。

宿

山水荘のお風呂は、源泉かけ流しの100%温泉。
この日は宿泊者が少なかったのか、ずっと貸し切り状態でした。

宿

内湯に浴槽が2つあり、向かって左が、妙見温泉の中ではこの宿にしか自噴していないという「キズ湯」です。
泉温が33℃と低いので、最初ひやっとしますが、入っている内に徐々に馴染んできます。
湯は錆の色をしていて、照明が薄暗かったこともあるかもしれませんが、 底が見えないくらい。
湯をかきまわすとぶわっと大きな湯の花が舞います。
なんだか何もかもが気に入ってしまい、かなりの長湯をした私でした。

清掃時間以外はいつでも入浴可能とありましたが、本館の内湯へは時間制限があったような気がします。(露天も?)
清掃時間は、20:30から21:00。露天は、月・木・土の8:00から掃除するよう。
宿でイチオシのキズ湯は、入浴時間が8:00から20:30の間と限られています。
理由を聞いたのですが忘れてしまいました。

宿 宿 宿 宿 宿

山水荘の夕食。
派手さはありませんが、家庭的なのにどこか品のよい味付けでした。
ウナギは弾力があり、タレもありきたりな甘辛いだけものではなく香ばしくて美味。
ご飯もお米がもっちりしています。ごま豆腐ももっちもち。
ホイルの包み焼きは、挟んであった味噌がいい感じだったりと、ひとつひとつが優しい味でした。

今回、節約して夕食のみついたプランにしたのですが、低料金にして良心的な内容なので、 普通に1泊2食付きでもよかったと思いました。いえ、そうすればよかったです。
・・・実は、2食付きなら「日本秘湯を守る会」のスタンプをいただけることを宿に着いてから知ったのでした。ショック大。
(*スタンプの件に関しては、扱いの変更の可能性もあるので、予約の際に確認してみるといいかも)
スタッフの方と接する機会は少なかったのですが(到着時と夕食時と出立時の3回)、 温かみのある対応で好感度が高かったです。

宿

先に、別館と書いた通り、本館はおりはし旅館。
こちらがまたかなり私好みの風情たっぷりの木造旅館。
それもそのはず大正時代のものだそうです。
他に、離れが2つあり、そちらには24時間入浴可能の源泉100%の専用浴室がついているそうです。
また、本館をはさんで山水荘とは逆側には別の自炊棟もあるようですが、そちらについてはよくわかりませんでした。

宿

チェックアウトの時間がきて、ふと、おりはし旅館の内湯と露天風呂には入らず仕舞いだったことに気付きました。
きず湯があまりにも気持ちよかったため、前の夜は移動時間を惜しみ、朝には他の存在など忘れていたのでした。
帰る段になって、内湯と露天をようやく覗きに行って、勿体無いことをしたとちょっぴり後悔。
また是非宿泊したいと思っているので、その時までの楽しみにします。
その時山水荘にするか、おりはし旅館を選ぶのか・・・悩みどころです。
本館は魅力的。一度は泊まってみたいです。
でも、建物内にキズ湯を持つ山水荘は更に魅力的なのでした。

(2003年4月)

妙見温泉 別館山水荘

住所 鹿児島県霧島市牧園町下中津川
宿泊 素泊まり:4890円〜
日帰り 1500円+個室料300円(入浴料込み5時間まで・要予約)
9:00〜17:00(露天梅の湯も利用可)
第2・第4火曜日定休(但し祝祭日は営業)
貸切藤の湯は平日10:00頃〜15:00で1時間1500円
貴重品はフロントへ
泉質 ナトリウム・マグネシウム・カルシウム・炭酸水素塩泉
泉温/湧出量 33℃(キズ湯)
PH他
宿泊情報
外部リンク
るるぶトラベル

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり