野沢温泉大湯

野沢温泉大湯に行ってきました。
野沢温泉のシンボルとも言われる趣あるこの外観。もう入らないわけにはいかないです。
つくづくこの手の建物に弱いです、私。

入り口をくぐった時点で漂うゆで卵臭。
浴槽には緑がかった温泉がなみなみ。
全てが「おいで〜、おいで〜」と誘っています。

中はとてもシンプル。内湯のみで石鹸等備品はありません。
二つの浴槽は、熱い湯とぬるめの湯に分かれているのだと地元のおばあちゃんに教えていただきました。
でも、「ぬるめ」と言われた方も、私にはどちらも充分熱かったです。
そう、息を止めて10秒ほど浸かっただけで、全身真っ赤に染まるくらい。
耐え切れなくなった他のお客さんが水で埋めようとした途端、おばあちゃんの檄が飛びました。
薄めるのは邪道らしいです。 「今日はまだ温いくらいだよ。ねぇ?」
おばあちゃんに同意を求められ、はあ、と曖昧に頷いてしまいました。
その後は皆、黙々じわじわと、温泉の熱さに耐え・・・いえ、極上の温泉を楽しんだのでした。

その内、温泉の熱さにも慣れてきて、湯の花を見るゆとりも出てきました。
白い湯の花は、失敗ゆで卵のひびから漏れる白身に似ていて、緑色の温泉の中でふわふわ踊っていました。

野沢温泉には、なんと13箇所も外湯があるのだそうです。 全て源泉かけ流しとのこと
おばあちゃんおすすめのいくつかを覗いてみたのですが、どれもが魅力的でした。
日程上、入る時間がないのが残念で残念で、後ろ髪を引かれる思いでなんとかその場を後にしたのですが、 未だに気になっています。
次に訪れた時には、思う存分温泉めぐりをしてみたいです。

(2003年4月)

野沢温泉大湯

住所 長野県下高井郡野沢温泉村
宿泊
日帰り 寸志
営業時間 【4月〜10月】 5:00〜23:00
【11月〜3月】 6:00〜23:00無休
泉質 単純硫黄泉
泉温/湧出量他 66.2℃
PH他 PH8.5
施設情報
(外部リンク)
 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり