別府 竹瓦温泉

別府のシンボル的存在、竹瓦温泉。
創設は明治12年で、当初は竹屋根葺きだったそうですが、 その後の改築で瓦葺きとなったため、「竹瓦温泉」と名前がついたとか。
現在の建物は、昭和13年に建設されたそう。唐破風造の豪華な屋根を持った温泉です。
どっしりとした外観に、入る前からわくわくです。
街中を、車でぐるぐる探し回った甲斐がありました。
立派な建物に、入浴料はいかほどかと、少々不安にも思ったのですが。
なんと100円!100円で入れるそうです。太っ腹です、別府。

中に入ってみます。
広いロビーは落ち着けて、なんだか心地いいです。床も柱も黒光りしていました。
木造建築はやっぱり味わい深いです。
ロビーの鍵つきロッカー(100円)に貴重品を預けて、浴室へ向かいます。
竹瓦温泉には、別料金ではありますが砂湯もあります。
砂湯も気になりましたが、時間がなかったので普通浴のみにしておきました。

簡素な脱衣所の先、欄干つきの階段を下りると浴室です。
つまり、脱衣所から浴室全体が見下ろせる形になっています。
浴室は、さほど広くはありません。でも、天井が高く、何か居心地がよかったです。
造りは立派なのに、レトロで気取りのない空間。この雰囲気、すごくいいです。
備品は洗面器のみ。石鹸等は備えてないので、持って来ていない人は入口で購入することになります。
温泉はほぼ透明で、湯温は熱め。
泉質ですが、なんと男湯と女湯で違うらしいです。
女湯、微かに硫黄臭がしたような。気のせいかな。
上がり湯用の源泉(熱い)と、水の出るカランが隅にありました。
朝もまだ早い時間帯だったからか、思ったより空いていました。
混んでいたら、あの脱衣所では辛かったかも。

温泉

帰る時は本当名残惜しかったです。
何度も振り返っては建物を見上げてしまいました。
別府竹瓦温泉。また行きたい温泉のひとつです。

(2002.5月)

別府 竹瓦温泉

住所 大分県別府市元町
宿泊
日帰り 100円 砂湯 780円
営業時間 【普通浴】6:30〜22:30 12月の第3水曜日定休
【砂 湯】8:00〜22:30 毎月第3水曜日定休
泉質

【男湯】
ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
(低張性 中性 高温泉)

【女湯】
ナトリウム-炭酸水素塩泉
(低張性 弱アルカリ性 高温泉)

【砂湯】
ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
(低張性 弱アルカリ性 高温泉)

泉温/湧出量他 【男湯】53.8℃ 【女湯】52℃【砂湯】52.5℃
PH他 【男湯】PH7.3 【女湯】PH7.7 【砂湯】PH8.1
施設情報
(外部リンク)
 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり