湯沢温泉 湯沢温泉ホテル

湯沢温泉 湯沢温泉ホテル。
大子方面へお出かけした際、ずっと気になっていた温泉です。
遂に行って来ました。
営業時間を知らずに、土曜日の17時過ぎに訪ねてしまいました。、
たまたまタイミングよく泊まり客の入浴が空いた時だったので、 無事入浴することができました。
大変、にこやかに応対していただいて (しかも、わざわざ浴場まで確認に行ってくださった)、 ありがたくお湯をいただくことができました。

という訳で、今回、休憩室は利用できなかったのですが、 時間内に行けば、600円で入浴&休憩ができるらしいです。これはお値打ち。

浴室は、内湯が男女1つづつ。
貴重品ロッカー等はなく、フロントへ預ける形になります。

さて、温泉。
湯船が桧で出来ていてなんだかいい感じに面白かったです。
形は変六角形。
パンフレットの湯船が正六角形なところを見ると、そちらは男湯なのでしょう。
女湯より広そうだし、雰囲気も良さげです。いいなあ。

窓を開けると、すぐ下を湯沢川が流れており、 向かいには趣のある離れが見えます。桧風呂つきだそうです。
その離れの明りが灯っていたので、あわてて窓を閉めました。
(丸見えなんだもん)

建物は古いながらに手を加えてありますが、 肝心の浴室があまり綺麗な状態とは言えなかったのが残念。
川の近くということもあり、湿度が高いのでしょう、 朽ちかけた天井や壁のタイルの汚れが気になりました。
とは言え、お湯はgood!
ちょろちょろではありますが、掛け流し。
無色透明で無臭ですが、ぬるぬる感もあり。熱めではありましたが私好みの温泉でした。
運がいいと、カジカガエルの鳴き声を聞きながらの入浴もできるのだそうです。
奥久慈の男体山へ登った後に立ち寄る、なんていうのもいいかもしれません。

(2001年6月)

湯沢温泉 湯沢温泉ホテル

住所 茨城県久慈郡大子町西金
宿泊 12000円〜
日帰り 600円 
営業時間 10:30〜18:00(土曜日のみ16:00まで)
泉質 重炭酸泉
泉温/湧出量他 28℃
PH他
詳細  

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり