リバーサイドホテル 金剛乃湯

関西1デイパスを使ってぷらっと奈良方面にお出かけしてきました。
なんとなく古い町並みを歩きたくなって訪れた五條市で、うきうきと新町通りをお散歩。

新町通り 新町通り 新町通り 新町通り

足を延ばして金剛寺の大山れんげも見てきました。綺麗だった!
金剛寺は、平安時代末期に小松内大臣、平重盛が創建したと伝えられる古寺で、関西花の寺23番霊場です。 4月20日頃から5月下旬頃までが、牡丹等お花の見頃なのだとか。

大山れんげ 大山れんげ お花 お花

その後は、関西1デイパスを活用して「かつらぎ温泉 八風の湯」で一汗流そうとJR五条駅から笠田駅に向かうつもりで電車に乗ったのだけど。
ふと思い直して、次の大和二見駅で下車。
国道24号線沿いのリバーサイドホテル 金剛乃湯を訪れることにしました。
観光案内のMAPで見つけたのです。
うん、折角五条まで来たので、五条の温泉に入らないと。

外観 外観

さて、リバーサイドホテル。五条駅より大和二見駅からの方がちょっとだけ近かったみたい。
金剛乃湯は、ホテルとは別の建物で、国道から引っ込んだ奥にありました。
ホテルとは外観も雰囲気も異なり、なんだかこう庶民的な匂いのする平屋建ての建物です。
新町通り側からも入ってこれるみたいで、案内の看板が出ていました。
リーズナブルな軽食の案内看板(何故かメキシカン)も出ていてとても気になったのですが。
残念ながら営業時間外でした。

五新鉄道跡

建物向かって左手には、幻となった五新鉄道跡が。
しみじみと眺めてから、金剛乃湯に入りました。

さて、こちらの温泉。内湯と露天風呂、サウナがあります。
温泉は、自社泉源なんだそう。
加水なし、加温・循環ろ過・消毒あり。
うす濁りのある温泉で、肌触りはぬるすべ。
仕切りのある洗い場は、床石が足の裏に気持ちよかったです。
畳敷き部分もあったり、「あ、そっか。ホテルの浴室だもんね」なんて思いました。
露天風呂は、庭の緑が綺麗でなんだかいい感じ。
ほんのり消毒の匂いはするけど、浴槽が白い陶器みたいにコーティングされていたのがなんとも良かったです。
畳の寝っころがれるスペースがあるのも面白かったし、終始空いていて、のんびりまったり寛げました。満足満足。

脱衣所のロッカーが変わっていて、受付でもらうカードを扉に差し込まないとカギがかからない仕組み。
こんなの初めてです。
で、帰りにはカードを取り出して、受付に返却するんだけど・・・。
初めて来たらしきおばあちゃんは困惑していました。
通りかかったスタッフさんも、説明しながら「わかりにくいですよねぇ」と苦笑い。
でも、おかげで私はすんなりカードを差し込めました。ありがとうおばあちゃん。

(2017.5月)


リバーサイドホテル 金剛乃湯

住所 奈良県五條市新町
宿泊 素泊まり5,033円〜
日帰り 【中学生以上】700円
【幼稚園〜小学生】350円
10:00〜23:00(最終受付22:15)
第1火曜日定休
泉質 源泉名:リバーサイド温泉(金剛乃湯)
含二酸化炭素-ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
泉温/湧出量 24.5℃ 30g/分 動力揚湯
PH他 PH6.8(21.5℃)
成分総計14.84g
宿泊情報
(外部リンク)

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 浴室 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり