中宮温泉 木戸旅館

外観

中宮温泉の木戸旅館に行ってきました。
中宮温泉は、ずっと以前に、日本秘湯を守る会登録の宿でもあるにしやま旅館に宿泊したことがありました。
その時に泉質がすごく気に入って、同じ温泉を引いている他の宿のこともずっと気になっていたのでした。
悲しいことに閉業されたお宿もあるようで、木戸旅館はその閉業されたお宿の建物を別館として営業されているよう。
今回、入ったのはその別館のお風呂です。

脱衣所

浴室は、女湯が2F、男湯が3Fとのこと。エレベーターに乗って向かいます。
脱衣所にはロッカーが。
鍵付きのものもありました。ありがたいです。
ドライヤーは1つでした。

浴室 浴室

女湯です。すっきりとした浴室は思ったよりも広々としていました。
泉質のせいで床がオレンジ色に染まり、浴室全体が暖色でなんだかいい雰囲気。
湯はほんのり白っぽく濁っていて、湯の花がちらほら舞っています。
浴槽のへりの上に、更に木造りのへりを乗せているようで、隙間から温泉がかけ流されていました。

浴室 浴室

湯温は熱め。
源泉を直接湯船に注がず、竹筒を通していることで調節して下さっているようですが、それでも私には熱かったです。
ここで出番です、湯かき棒。しっかり使わせていただきました。
もうね、船頭か!ってくらいに頑張って漕ぎました。楽しかった!
その甲斐あって、私でも全身浸かることが出来る湯温になりました。
それでも、長く浸かるのは無理でしたが・・・。 でも、大好きな泉質なので、水をかぶっては浸かるのを繰り返しました。 満足です。
浴槽のへりで休憩中、窓からの風が気持ちよかったです。
飲泉してみると、お味はほのかな塩味で、後味に金気が感じられました。

ずっと貸切状態だったこともあり、のんびりじっくり温泉を楽しめました。
温泉といい、浴室の雰囲気といい、なんだかすごくお気に入りに。
正直、浴室に辿り着くまでは、寂れた印象を持ってしまったのですが、 この温泉で、そんなの全部吹き飛びました。
やっぱり中宮温泉の湯、大好きです。ちょっと遠いけどまた来たいなあ。

てなわけで。
翌日、中宮温泉の残る1つの宿、くろゆり荘に行ってきましたのだ。

中宮温泉には、場所柄、休業期間があります。
大体4月下旬〜11月中は営業されているようですが、天候にもよるのでお出かけ前にはお問い合わせした方がよさそうです。
また、中宮温泉や付近の協賛宿に宿泊すると、白山スーパー林道の通行料金が片道無料になる「温泉に泊まって片道無料キャンペーン」 を実施しているようです。(一台二名以上)
実施期間があるようなので、石川県の観光情報をチェックしておくといいかも。

(2014年7月)

中宮温泉 木戸旅館

住所 石川県白山市中宮温泉
宿泊 一泊二食付8,150円〜
日帰り料金
(当時)
大人550円 小人250円
営業時間
泉質 源泉名:中宮温泉
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
低張性・中性・高温泉
泉温/湧出量他 61℃ 130g/min(自噴)
PH他 PH6.8 密度1.000(20℃)
蒸発残留物2.81g/kg(130℃)
成分総計3.566g/kg
宿泊情報
(外部リンク)
 

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 浴室 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり