有馬温泉 太閤の足湯

金の湯の隣の足湯。
初めて入った時には、
(あっつーーーーっ!!!!)
飛び上がりました。
上がってみれば、浸かった部分がまっかっか。
赤い靴下を履いたみたいになっちゃいます。
湯口に近いから熱いのかと、下(向かって右端)に移動してもやっぱり熱っ!
じんじんきます。なんか効きそう(←何にかわかんないけど)。
でも、我慢して入っていると、その内、体までぽかぽかあったまってきます。
熱いの苦手な私なのに、ついついくせになっちゃいそうな温泉でした。
因みに、足湯は加水・加温あり、消毒なしのかけ流しです。
ここにいると、有馬にも外国の方が結構観光に来ているのだなあ、なんて思います。
足湯だと、気軽に試せるからかな。

有馬温泉

足湯のすぐ隣の太閤の飲泉場では、黒い瓢箪から温泉がちょろちょろ出ています。
ずっと金泉だと思っていたのですが、こちらは銀泉なんですって。
ナトリウム−塩化物泉(低張性・弱酸性・温泉)で、41℃です。
ちょっとしょっぱいです。

足湯のお隣の和菓子屋さんで蒸かしている酒饅頭「生一本」、密かにお気に入りだったり。
1個(80円)から買えるので、ちょこっと買っては足湯しながらもぐもぐしています。
その後は、ガレリーオ・レティーロ・デ・オーロを覘き、有馬玩具博物館の1階の売店で雑貨を見、湯本坂をぶらぶら歩きながらあちこち覘いて、 インコルジェ(靴です)の新作チェックをし、三ツ森で炭酸せんべいの割れせんを買って帰るのが、 私の有馬散歩の定番コース。
割れせんはそのまま食べてもいいし、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングにしたりしてます。
サラダにかけて食べるのもありだそうです。

細い路地が好きで、見るとついふらふら入って行っちゃうのですが、そういう点でも有馬散歩は楽しいです。
思いがけず、三味線を練習している音色が聞こえてきたりとか。何度行っても飽きないなあ。

(2012年6月)

有馬温泉 太閤の足湯

 
住所 兵庫県神戸市北区有馬町
宿泊
日帰り 無料
営業時間 8:00〜22:00
第2・第4火曜日定休
泉質 ナトリウム塩化物高温泉
泉温/湧出量他 42.3℃
PH他  
施設情報
(外部リンク)
  

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり