別府明礬温泉 鶴寿泉

別府明礬温泉。
旅館若杉さんに宿泊し、宿で朝風呂を楽しんだ後、
「鶴寿泉も覗いてみようかな」
朝のお散歩がてら、行ってみました。
前日に地蔵泉には入っていたのですが、やっぱり鶴寿泉も気になったのでした。

さて、鶴寿泉。
朝早いせいか人通りも殆どなかったのですが、 入り口の扉を開けると湯船が丸見えなのは前日確認していたので、素早く中に入りました。
覗くだけのつもりだったのですが、先客のお二人に勧められ入ってみることに。

先客のお一人のおばあちゃんは毎日入りに来ているそうで、色々教えてくれました。
洗面器が見当たらなくて戸惑っていると、脱衣所の棚の下段から取り出して来てくれたり。
湯船に入る時も、
「本当は、しっかり体を洗ってから浸からなあかんけど、あんたは宿で入ってきたからかけ湯でいいや」
みたいなことを言われて(方言でした)、なんでわかったのかとふと自分の体を見下ろしてみたら、肌が真っ赤に染まってたり。

温泉は、うっすら白濁したもの。地蔵泉とはまた違った感じです。
日によっては、茶色くもなるとのこと。
湯温はかなり熱めで、長く浸かるのは無理でした。茹ります。
おばあちゃんにも、
「すきっ腹で何度も入るのは良くない」
と諭され、上がることに。

貸していただいた洗面器を洗って片付けようとしたら、おばあちゃんがどこかからぞうきんを取り出して、 洗面器を拭いて、そのまま片付けてくれました。
最後までお世話になりました。おばあちゃん、ありがとう。
こんな風に地元の方が大事にされているから、浴室がすっきりと片付いているんだろうなあ。
そんな温泉に無料で入らせていただいて、本当感激しました。

(2004年4月)

別府明礬温泉 鶴寿泉

住所 大分県別府市明礬
宿泊
日帰り 無料
営業時間 7:00〜20:00
年末大掃除日休
泉質 酸性・含鉄(U、V)−硫酸塩泉
(含鉄泉)
泉温/湧出量他
PH他
施設情報
(外部リンク)
 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE! LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり