やさと温泉 ゆりの郷

やさと温泉 ゆりの郷に行ってきました。
筑波山の麓、モノトーンで統一された落ち着いた佇まいの日帰り温泉施設です。
浴室は万葉の湯と真秀の湯の2種類あって、男女日替り。
万葉の湯は露天からの眺めがよく、サウナつき。
真秀の湯の露天は、眺めはいまいちですが浴槽に筑波石が使ってあり、 こちらはミストサウナつきです。
温泉は無色透明でちょっぴり塩素臭あり。 源泉浴槽以外は、殆ど浴感のないお湯でした。
でも、万葉の湯の露天風呂からの筑波山の眺めは素晴らしいです。
特に夕暮れ時は美しく、ぼんやり見とれてしまうほど。

私が一番気に入ったのは、源泉浴。
湯温が低いので殆ど水風呂で、じーっくりと浸かることができます。

料金お高めなだけあって、お手入れは行き届いています。
スタッフが忙しく立ち回り、洗面器や腰掛けも使う側から洗っていらっしゃいました。
バリアフリーを意識してか、洗い場にも手すりがつけられ、 腰掛も座って膝が90度になるくらい高めの設計となっていました。

露天風呂の片隅に虫取り網が立てかけてあり、何の為かと首を傾げていたのですが、 どうやらこれは、虻の襲来に備えてのものだった模様。
季節がらか、どこからともなくいきなり飛来する虻にびくびくしていると、 ひとりのおばさま(客)が立ち上がり、この網を当たり前のようにすっと掴んで、 ビュンと一振り。 颯爽と虻を捕えてくれました。
ばちばちと羽音を立ててもがく虻の入った網を、何事もなかったかのように生垣に置いてから、 おばちゃんの放った一言が忘れられません。
「あいつも、もう終わりだよ」

連れはレストランが気に入ったようでした。
こういった施設には珍しく、ひとつひとつのテーブルの間を広くとってあって寛げます。
私は物産館がお気に入り。
JAやさとが運営しているとあって、品揃えが豊富。
平飼いの鶏卵が、小粒でしたが殻も硬く美味しかったです。

(2000年8月)


久々に訪れてみると、ロビーの半分が休憩所に。
絨毯の上でごろごろ気持ち良さそうに寝息をたてている人もいたりと、 いっそうのんびり感の漂う館になっていました。
こういった施設にありがちな、 有線等のBGMや大広間に響き渡るカラオケなどといった騒音のないところもよかったです。
休日は1人1000円と高いので、折角だから1日ゆっくりと時間をとってくつろぎたいところです。

今回もレストラン紫峰で食事をしました。
八郷ではこだわりをもって地鶏を育てているようなので、 しゃも鍋(800円)・地鶏てりやき丼(600円)・地鶏釜飯(850円)を注文したのですが、 入り口の白板に書かれた「新メニュー!日本一納豆カレー」もちょっと気になりました。
連れは、
「納豆カレー選手権全国大会(仮)で優勝でもしたのか?」
などと呟いていましたが、どうやら八郷が自信を持って世に送り出した「日本一納豆」を使ったカレーのよう。
因みにしゃも鍋はすごく美味しかったです。
欲を言えば、もっと肉を・・・肉を・・・。

(2001年4月)

やさと温泉 ゆりの郷

住所 茨城県石岡市小幡
宿泊
日帰り 【大人】平日800円 土・日・祭日1,000円
※19時以降大人200円引
【小学生以下】平日400円 土・日・祭日500円
※3歳以下無料
個室利用(5名以上) 
10:00〜13:00:1500円 13:30〜17:00:1500円 10:00〜17:00:3000円
カラオケルーム(要予約)1時間2000円
営業時間 10:00 〜 22:00
毎月第2・第4月曜日定休(祝日の場合はその翌日)、1月1日休業
泉質 アルカリ性単純温泉
泉温/湧出量他 31.4℃ 43g/分(動力揚湯)
PH他 PH9.9
詳細

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり