しきぶ温泉 湯楽里(ゆらり)

久しぶりに、しきぶ温泉 湯楽里(ゆらり)に行ってきました。
久しぶりすぎて、
「あれ? こんなにロビー広かったっけ?」状態。
日帰りの受付は、ロビーを突っ切ってずずいと奥へ。戸惑いました。

ここは、甥っ子がまだ小さい時に、
「エレベーターのお風呂行きたい」
なんてよくせがんできた思い出の温泉施設です。
受付から2階の浴室へはエレベーターを使うのですが、これが変わっていて、 斜めにゆっくり進む斜行エレベーターなんですね。
ケーブルカーと同様の原理で移動するんだそうです。
なので、待ち時間がちと長めなのもご愛嬌。
エレベーター横には、ちゃんと椅子まで置いてあって笑っちゃいました。

階段

一応、階段もあるのですが、すごい勾配です。
非常階段とのことで、普段は施錠され、立ち入り禁止になっています。
ってか、非常時にこの階段、使えます・・・?

さて、温泉です。
無色透明。加水なしの加温・循環濾過・消毒ありです。
肌触りは、ぬるぬるした感じ。ちょっと重い?
温度の違う5種類の浴槽(36℃〜45℃)、ジャグジー、寝湯、薬湯、露天風呂、 サウナ、水風呂があります。
好みの湯温が選べるところはいいですね。
一番ぬるい36℃浴槽でまったりしました。内湯でもこれは長湯できます。
あ、露天風呂といいましたが、半露天?ちっちゃいです。3人も入れば窮屈かな。

近くに公園があることもあってか、小さなお子さま連れの家族が多い印象です。
土日の夕方は賑やかかも。
休憩スペースが何ヶ所かあって、湯上がりに皆さん、思い思いの場所で休まれていました。
ほのぼのした雰囲気に和みます。

小腹が空いたので、2階の軽食コーナーでお蕎麦をいただきましたが。
1階のレストラン「若紫」には、福井県産の蕎麦粉を使った手打ち蕎麦があったと知りショック大!
えー・・・。
それと。「ボルガライス」も気になりました。
「ライス・たまご・トンカツ・お店のこだわりソースが重なり合った絶品グルメ!!」
旧武生市域のご当地グルメだそうです。そんなんあったんや・・・。

湯楽里は宿泊も出来るのですが、結構人気があるようで直前だと予約が取りにくいと聞きました。
帰省の際利用する家族連れが多いのかもですね。
他にも、日帰りでも手ぶらでOKな送迎付きのバーベキュープランがあったり。
あと、日帰り入浴が朝6時からというのにびっくりしました。
そんな早くから開いてるんだ・・・。

紫式部

ロビーの入り口近くには、和紙で作られた紫式部が。
越前市は和紙の産地。そういえば、武生は越前市になったのでしたね。
何故、紫式部かというと、源氏物語の作者、紫式部が生涯でただ一度、都を離れて暮らした場所が越前市だったのだそうです。
湯楽里では、それに因んでか、客室名などに源氏物語の巻名が使われていたり、 源氏香図なるものがいたるところに見受けられました。

(2017.5月)


しきぶ温泉 湯楽里(ゆらり)

住所 福井県越前市白崎町
宿泊 一泊二食9,800円〜
日帰り 【大人】600円(6〜8時と17時以降550円)
【3歳〜15歳】300円
【65歳以上】550円
回数券あり
6:00〜23:00(最終受付22:00)
※8:00〜9:30は入浴不可 第2水曜定休
休館日当日は6:00〜9:00の営業、翌日は9:00から営業
泉質 さんさん愛ランドたけふ温泉
ナトリウム-炭酸水素塩温泉
泉温/湧出量 37.7℃ 279g/min
PH他 成分総計2.286g/kg
宿泊情報
(外部リンク)
じゃらん るるぶトラベル

【わんこの満足度】  ・・・ ※満足度について
温泉 浴室 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり