池田ラジウム鉱泉 放泉閣

池田ラジウム鉱泉 放泉閣に行ってきました。
こちらも前々から気になっていた宿。
何年か前に宿泊を考えましたが、タイミングが悪く満室でした。
今回は、立ち寄り湯での利用です。

門のところに、「池田ラジウム鉱泉」と看板がかかっているのですが、それがなんというか何かの研究所みたい。
雰囲気に充てられて、建物までの坂を遠慮がちに下りました。

温泉の写真 温泉の写真

建物はというと、あれ?なんだか可愛い雰囲気かも?
思い切って中に入ってみると、女将さんがお出迎え。
日帰りをお願いすると、快く受け入れて下さいました。
聞けば、浴室を貸切りで利用出来るみたいです。
早速、温泉へ。

中は、内湯と小さな露天風呂。
脱衣所までは、まだ新しい建物のようでしたが、浴室は温泉成分との戦いが跡になっているご様子。
内湯は、源泉をぬるめに沸かしているそうです。
保温のための蓋を外して、浸かりました。ほっこり。
薄く濁りのある湯には、よく見れば、白っぽい小さな湯の花がたくさん舞っています。
カルシウムなんだそうです。

温泉の写真

おお!私の好きなバルブが!
と思ったのですが・・・。
この時の私は、なんだかまだ宿の雰囲気に呑まれていて、珍しく遠慮しちゃいました。
このバルブで源泉を注ぎ、その上にあるボタンを押すと加熱するという仕組みだったみたいです。

温泉の写真 温泉の写真

ほどよく温まったので、お次は露天へ。
足をつけたら、水でびっくりしました。
露天風呂は源泉をそのままかけ流している模様。
冷たいです。でも、折角なので息を止めて入ってみます。
一瞬で全身に鳥肌が。
夏でこれだと、他の季節はどうなのか・・・。

宿の写真

露天風呂のすぐそばには小さな川が流れていて、その後ろは山。
立ち上がって、外を見てみれば緑が目に優しいです。
水温に慣れれば気持ちのいい鉱泉なのですが。
排水のところが成分のせいなのか詰まっていて、露天風呂に関して言えば、 見た目に気持ち良くなかったのが少々残念。落ち着きませんでした。

宿の写真

湯上り。休憩所で休ませていただきました。
フリードリンクとのことで、コーヒーや冷蔵庫には麦茶が備えてあるそう。
嬉しいサービスです。コーヒーをいただきました。
やはり成分の濃い温泉のようで、上がってからぽかぽかが続きました。

宿の写真 宿の写真

休憩室の左奥には階段が。
宿泊用のお部屋はこの2階なのでしょうか。
見上げてみれば、天井が高く、木造りで優しい印象です。
お部屋も綺麗なんだろうなあ。

(2013年8月)

池田ラジウム鉱泉 放泉閣

住所 島根県大田市三瓶町堂原上
宿泊 一泊二食7,350円〜
日帰り 大人500円
営業時間 要問合せ
不定休
泉質 池田ラジウム鉱泉3号泉
含放射能−ナトリウム−塩化物泉
高張性・弱酸性・冷鉱泉
泉温/湧出量他 19.6℃ 自噴
PH他 PH? ラドン664×10-10ci/kg(183M・E/kg
宿泊情報
(外部リンク)


 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり