白馬塩の道温泉
倉下の湯

白馬でお泊りしたお宿の温泉が、タンクで運ばれたものだと知り、 ではその源泉はどんな感じなのだろうと、 白馬塩の道温泉の源泉 倉下の湯に行ってきました。

想像より大きな建物だったので驚きました。
ロッジみたいな外観でしたが、日帰りのみとのこと。
外には、温泉を運ぶタンクローリーが停まっていたり。
ここから、各宿や浴場に温泉が運ばれているようです。

大人は入り口の自動販売機でメダルを買います。
子供用メダルは受付で購入するようです。
脱衣所は脱衣カゴのみ。貴重品ロッカーは100円です。

浴室に入ると、一見、内湯と露天風呂があるように見えたのですが、 内湯の真ん中にでんとあるのは、かけ湯のためのもの。
味のある木造りで、 「入らないでください」と注意書きがありましたが、入りたくなる気持ちわかります。
そんなわけで、内湯は洗い場のみで、浴槽は露天風呂のみとなります。
半分くらい屋根があるので、半露天でしょうか。
晴れていれば、八方が見えるそうなのですが、あいにくの天気で藪しか望めませんでした。 残念。

温泉は、油っぽい匂いのする黄緑がかった濁りのあるもの。
宿の湯とは全く異なるものだったことに驚きました! 流石、元湯。源泉かけ流し。
塩味で酸味があり、ほんのり金気臭+ゆで卵臭あり。
肌触りも良く、またじわじわとよくあたたまります。
よく見ると、オレンジ色の湯の花がちらほら舞っていたり。
すっごく好みの温泉でした。

温泉の成分なのかなんなのか、浴槽の腰掛け部分や底のぬるぬるがすごくて、 油断すると転びそう。
屋根が切れた辺りからは一層ぬるぬる。
湯が濁っていて腰掛けの切れ目が見えないし、ぐらぐらしている部分もあるしで、 入るとき出る時は要注意です。

温泉

倉下の湯は、平成6年7月に日帰り温泉施設としてOPENしたとのこと。
味のある造りで雰囲気はあるんだけど、お手入れに関してはちとビミョーでした・・・。
後、観光バスが来るようで、うっかり遭遇すると大混雑に巻き込まれちゃいます。

1階と2階に休憩スペースがあり、2階は持ち込み飲食可とのこと。
上がってみたら、皆さん横になって気持ちよさそうにスヤスヤされていたので、そっと降りました。

ご近所の白馬八方温泉は、アルカリ性単純温泉。
近いのにまるで泉質が違っていて、入り比べると面白いかも。

(2013年9月)

白馬塩の道温泉
倉下の湯

住所 長野県北安曇郡白馬村大字北城
宿泊
日帰り 大人500円 小人300円 3歳未満無料
営業時間 10:00〜22:00(受付21:30まで) 
年中無休
泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
中性・高張性・高温泉
泉温/湧出量他 48.1℃ 1500g/min
PH他 PH7.14 蒸発残留物13970mg/kg
施設情報
(外部リンク)
 

わんこの満足度

温泉 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ
LOVE!

わんこの隠れ家温泉でまったり