かわだ温泉 ラポーゼかわだ

<再訪>

折角、福井に来たので、またまたラポーゼかわだに行ってきました。
福井県では抜きんでて好きな温泉です。
こちらの楽しみは、露天風呂。
日によって色合いが変わるんです。

そそくさと体を洗って、露天風呂へ。
「あれ?なんかいつもと雰囲気が違う」
ラポーゼかわだの浴室は、洋風と和風の2種類あったのですが、 私、この日初めて和風浴室があったことを知りました。
「桧板と自然石を使った純日本風の露天風呂って、え?
こんなのあったの?」ってもうびっくりです。
本当、何度も来ているのにね、毎回洋風だったってことにもびっくり。

びっくりしたのは、温泉にも。
この日は、うっすら緑がかった濃いめの黄土色。
透明度もかなり低くて、いつになく湯の香濃いんです。
個性的ですっごく好みのタイプだったのです。
どこかのお湯と似ている気がしたんですが、思い出せない・・・。
ともかく、温泉ってなまものなんだなあとあらためて思いました。
そんでもって、感激して長湯しちゃいました。
本当、いいお湯だったー。

ごはん ごはん ごはん ごはん  

湯上り、お腹が空いたので、中のレストランで夕食を食べていくことにしました。
注文したのは、「ほたるの里御膳」(@1296)。
お刺身、天ぷらに、うす揚げおろしそば、小鉢、ごはん、味噌汁のついた定食です。
リーズナブル!
おろしそばに乗ったお揚げさん、かりかり香ばしくて美味しい〜。
なんだかこの日は全てに満足です。ごちそうさまでした。
あ、天ぷらは焼き魚に変更できるそうです。

入浴料と宿泊料に変更があったので、 下のデータを修正しました。
宿泊では他にも、サンドーム福井でのコンサート等に参加で宿泊の方を、 会場まで送迎するプランなんていうのも2食付9000円からあるみたいです。

(2017年5月)

<前回>

外観  

かわだ温泉 ラポーゼかわだに行ってきました。
福井県でお気に入りの温泉のひとつです。
山里にあるのですが、この辺りの雰囲気を含めてなんだか好きです。
父の話では、漆器で栄えた里だとか。

さて、温泉です。
こちらのお湯は、全国でも珍しい重曹泉・芒硝泉の混合泉とのこと。
内湯とサウナと露天風呂があります。
内湯は、無色透明で、加温・循環ろ過・塩素消毒あり。
ジャグジー風呂もあり、こちらはこの日、色つき(ブルー)でした。
夏仕様なのかな? そういえば、ボディシャンプーもクールタイプでした。
おすすめは露天風呂です。加温した湯をかけ流しているみたいです。
温泉は茶褐色に濁っています。この日は透明度が低かったのですが、日によって色が違います。
うすい黄色っぽい色の時もありました。

木々に囲まれた円形の浴槽に、ぼーっと浸かっているのが好きです。
夜は木々がライトアップされますが、私は緑が眺められる日中の方が好きかな。
屋根(?)があるので、少々の雨なら気にせず入れます。

ラポーゼは、フランス語で「一休みする」「やすらぐ」という意味だそう。
日帰り温泉の他、パンやピザ作り、ハーブリース等の体験教室やバーベキューハウス、レストラン、宿泊・宴会棟 などを備えた施設です。
昔、宿泊したことがあるのですが、
部屋が洋室で綺麗だったこと、 朝食のテーブルで網焼きして食べた小さな干しカレイが美味しかったことが印象に残っています。

(2013年7月)

かわだ温泉 ラポーゼかわだ

住所 福井県鯖江市上河内町
宿泊 素泊まり5500円〜 一泊二食付9200円〜 
日帰り 中学生以上550円 子供250円
営業時間 10:00〜23:00(22:00までの受付)
泉質 含硫黄/ナトリウム/炭酸水素塩/硫酸塩泉(含芒硝重曹泉)
泉温/湧出量他 32.3℃ 260g/m(動力揚湯)
PH他 PH6.76
宿泊情報
(外部リンク)
じゃらん  

わんこの満足度

温泉 浴室 料理 料金 設備 建物 雰囲気 清潔感 スタッフ

わんこの隠れ家温泉でまったり